義歯(入れ歯)治療

金属床

入れ歯のフレームをうすい金属で作成するととても違和感の少ない入れ歯を作ることが可能となります。
また金属は熱の伝導性がよく、食べ物の温度を歯ぐきに伝えることができ、食事もおいしくいただけます。
さらに金属は耐久性にも優れ、入れ歯の強度も増し壊れにくくなります。

当院では入れ歯を作成する際の印象(型取り)にも精密さを求め、アルタードキャストテクニックをはじめとする様々な機能印象のテクニックを用い、患者さまに違和感の少ない入れ歯を作成するよう努力しております。

金属床 入れ歯(義歯)治療

シリコン義歯(コンフォート)とは?

コンフォートは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、全く新しい入れ歯の技術です。生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

※今お使いの入れ歯にも加工できます。ただし、入れ歯の材質によっては、加工できないものもあります。 (http://www.bitecglobal.com/ )

 

コンフォート コンフォート

バルプラストとは?

ノンクラスプデンチャーとも言われ、入れ歯を安定させるための金具を使用しない、見た目が大変良い入れ歯です。

  • 審美      :   歯の表面に金属クラスプ(バネ)が無いので、義歯は口腔内に入れても義歯と
                          気付かれない。
  • 機能性  :   咀嚼・発音機能は平常どおりで、安定性もよく、従来の義歯の1/2の重さである。
  • 精度      :   同一の素材で義歯の維持部・床部を製作するので、精度の高い義歯ができる。
  • 安全性  :   無味・無臭でアレルギー反応もない。

ということで、見た目が気になる方・金属アレルギーのある方などにはよく好んで作成させていただきます。
ただ注意点としては、特殊な素材の入れ歯なので、修理する際は通常の入れ歯に比べると時間がかかる傾向があります。

バルプラスト バルプラスト

ページのTopに戻る