医療機器

電動麻酔器

痛みを必要最小限に抑えるために電動麻酔器も使用しています。

電動麻酔器

レーザー

エルビウムヤグレーザ

波長が2.94μmで、非常に水に吸収されやすいエルビウムヤグレーザ(Er:YAG Laser)。  このレーザ光の特徴を 最大限に活かし、安全かつ効率的に治療がすすめられる理想的な歯科治療をめざして開発されたのがDentliteです。

水を噴霧しながらレーザを照射することでエナメル質表面のクラックを最小限 に抑えることができ、しかも周囲組織への熱ダメージが極めて少ない低侵襲治療を可能にします。さらに軟組織・硬組織を問わず幅広い治療に対応できるだけでなく、従来のタービン等と比べて切削音や振動が微少なので、不安感、恐怖感といった患者様のストレスも大幅に減少します。

デジタルレントゲン

被ばく量が従来の1/6~1/10で、体にもやさしい最新のレントゲンシステムです。廃液なども出ないので環境にもやさしく、現像時間も要らないのでスピーディーに対応できるのが特徴です。

パノラマレントゲン

デンタルレントゲン

リサ(クラスBオートクレーブ)

クラスBオートクレーブは、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」とされています。今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型滅菌器の規格(EN285)に準じ、歯科で使用できるようコンパクトにしたクラスBオートクレーブがこのリサです。より高いレベルの滅菌が可能になりました。

オートクレーブ

ステリマスター(超短時間型オートクレーブ)

5分~10分で滅菌が可能なオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)。タービンやエンジン(歯を削る機械)などは、患者様ごとに滅菌しています。

オートクレーブ

ダイアグノデント

虫歯探知レーザー。1mW以下の微弱なレーザー光を歯に照射し、その反射光で虫歯の度合いを測定しますので、歯を傷つけることなく、虫歯を検知することができます。

ダイアグノデント

ページのTopに戻る